大菩薩南部 

小金沢連嶺

日 程:2013518()

参加者:L福井 高橋 木伏 渡辺綺子 飯嶋

行 程:甲斐大和駅(バス8:10)→小屋平(8:45)小屋平9:00→石丸峠10:07
            →小金沢山
11:25→(昼食12:00発)牛奥の雁ヶ腹摺山12:35
          川胡桃沢ノ頭13:27→黒岳14:00
 白谷ノ丸14:27
          湯ノ沢峠・避難小屋15:00→《タクシー》甲斐大和駅15:30

 

19日予定であったが、天気予報が悪い為18日に変更とする。その為、8人の参加予定が5人になってしまった。

申し訳ない気持ちであったが、18日の天気は快晴で、甲斐大和駅からのバスも満員で座ることが出来なかった。山道を小型バスで登るので揺れがひどく、手足を踏ん張っていたので小屋平に着いた時は、登る前なのに疲れてしまった。

 

木屋平から石丸峠へと向かいます

 

トップを4月入会の飯嶋さんにお願いして、石丸峠に向かう登りを行く。20分ほどで、車道に出る。再び、山道に入ると富士山が綺麗に見えてきた。大菩薩でこんなに綺麗な富士山は初めてだ。最初の写真タイムとなる。

 

石丸峠へ登りでは富士が素晴らしい

 カッコウの鳴き声も聞こえてきた。カラマツの新緑が綺麗で石丸峠に着くと富士山が目の前に現れ、雪を被った南アルプスも連なってみることが出来た。 北岳・間ノ岳・農鳥岳まだ行った事のない山々ばかりで機会があれば行って見たい。笹原の石丸峠から狼平に向かう。狼平も笹原の綺麗なところでした。

狼平から小金沢山までの登りは、樹林帯の中を歩きます。道が分かりづらいところもありましたが、テープがばっちりついていて大丈夫でした。

笹原の石丸峠から狼平へ大菩薩らしい笹原です

小金沢山は大月市の秀麗富岳12景の一つだそうで、富士山を眺めながら、昼食となりました。飯嶋さんに甘酒をご馳走になり皆で感激です。ガスヘッドや水まで持ってきていただいて有難うございました。

 

小金沢山 山頂での記念撮影です

 牛奥の雁ヶ腹摺山に着いた時は、富士山は雲がかかり霞んでいました。黒岳に向かう登山道では、梅花オーレンなどの花も見られましたが鹿に食べられたのか皮がはがれた木々が無数にあり、痛々しい感じでした。

最後のピークの白谷丸では、富士山は雲の上で頭だけが見えました。白ザレのガレ場を左に見て急な下りをしばらくいくと湯ノ沢峠に着きました。

 

白谷ノ丸への道は気持ちの良い散歩道です

黒岳で今から湯ノ沢峠に向かうと連絡を入れていたので、待っていたタクシーにすぐ乗り込み、甲斐大和駅に向かう。運転手さんにビールを飲めるところを聞くが、駅から遠そうなので、以前、行ったことのある駅近くのお店に行く。帰りの電車を1本遅らせて楽しい反省会でした。 カラマツの紅葉が綺麗な時期にも、又行きたい山です。(福井)

 







926 甲斐大和駅からのバスも満員で座ることが出来なかった。山道を小型バスで登るので揺れがひどく、
手足を踏ん張っていたので小屋平に着いた時は、登る前なのに疲れてしまった。
 トップを4月入会の飯嶋さん
にお願いして、石丸峠に向かう登りを行く。20分ほどで、車道に出る。
 
まずは休憩です。


926

928

931

950

957 再び、山道に入ると富士山が綺麗に見えてきた。大菩薩でこんなに綺麗な富士山は初めてだ。最初の写真タイムとなる。

958

1003 大菩薩湖見えました。

1003

1012 連嶺の中心部の石丸峠に到着しました。

1017 石丸峠の気持ち良い大菩薩峠方面の笹原を楽しみました。我々は北の大菩薩峠と反対の南下コースとります。 

1027 小金沢山まで牛の寝ている背中を通るような「牛ノ寝通り」の緩い起伏の道を進みます。

1032 西に大菩薩湖越しに北アルプスの南部でしょうか? 雪山が望まれます。

1044

1106

1114

1131  小金沢山の山頂で記念撮影です。小金沢山は大月市の秀麗富岳12景の一つだそうで、富士山を眺めながら、
昼食となりました。飯嶋さんに甘酒をご馳走になり皆で感激です。ガスヘッドや水まで持ってきていただいて有難うございました。


1246 牛奥の雁ヶ腹摺山に着いた時は、富士山は雲がかかり霞んでいました。黒岳に向かう登山道では、
梅花オーレンなどの花も見られましたが鹿に食べられたのか皮がはがれた木々が無数にあり、痛々しい感じでした。


1257

1331

1359

1400

1403

1427

1432 最後のピークの白谷丸では、富士山は雲の上で頭だけが見えました。

1458  白ザレのガレ場を左に見て急な下りをしばらくいくと湯ノ沢峠に着きました。

 

黒岳で今から湯ノ沢峠に向かうと連絡を入れていたので、待っていたタクシーにすぐ乗り込み、甲斐大和駅に向かう。
運転手さんにビールを飲めるところを聞くが、駅から遠そうなので、以前、行ったことのある駅近くのお店に行く。
帰りの電車を1本遅らせて楽しい反省会でした。 カラマツの紅葉が綺麗な時期にも、又行きたい山です














inserted by FC2 system