奥日光 切込湖・刈込湖

日 程:2018526()

参加者:L山口 渋谷 吉田 (記録)

7:00東武浅草特急けごん3号8:56東武日光着9:05東武日光駅バス発10:30湯元温泉バス停着10:45湯元温泉発11:10小峠着休憩11:50小峠発12:30切込湖着13:00刈込湖着昼食13:30刈込湖発13:55涸沼着 14:30山王帽子山登山口着15:45光徳牧場着16:00日光アストリアホテルバス停着16:30湯元行きバス発16:40光徳入口バス停着18:08日光駅行バス発19:15日光駅着19:23日光駅発普通電車22:08押上駅着

 

予定より30分遅れの『特急けごん』に乗車し、田植えの終わった水田を眺めながら朝食を摂りウトウト・・日光駅に到着。「日光って思っていたより簡単に来られる」印象を受けました。


 

湯ノ平湿原の湯けむりのあがる小屋を通り抜け、新緑の山道を鳥のさえずりを聞きながら、刈込湖・切込湖に向かい、湖の袂で爽やかな風を感じながら昼食。

 

刈込湖・切込湖を後にして進んで行くと、視界が開けすり鉢状に広がる「枯山水庭園」のような景色が目に飛び込んで来ました。雄大な草原「涸沼」です。そしての急な木段を登り山王峠へと。柔らかな芽吹き時の快い山行でした。

因みに、下山時刻が大幅に遅れたのは、私の運動不足と水分不足のせいで足がケイレンを起こし休み休み下山したからです。山口さん・渋谷さん、お世話になりました。


奥日光男体山や切込湖刈込湖を巡る伝承

昔、男体山の神の大蛇と赤城山の神の大百足が戦って大蛇が勝ち、大百足の胴と足を刈って投げ込んだのが刈込・切込湖であると伝えられている。 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 




































































inserted by FC2 system