御坂山塊 黒岳1793Aグループ推し山

日 時2023.7.2
参加者L渡邉美 SL三戸 牛嶋 関山 石川研 𠮷岡 松下 桐畑 渡辺綺 桑村 渋谷 飯嶋 加藤 今岡(記)
行 程:富士急河口湖駅バス950(発)─三つ峠入口1016着─御坂峠登山口駐車場1020─旧御坂峠1210─黒岳1337─黒岳展望台1341─黒岳1352─すずらん峠1428─派風山1444─新道峠1516─中沢林道終点1612─河口湖自然生活館1706




前日までくずついた天気が、今日は青空。 Lの徳の高さとか。バス停に着くと、三人の勇者が登山口を探索、2つのグループに分けました。そこに下車を間違えた女性が、同行を希望されたので、列の後についてもらいました。







三つ峠入口からジグザグの道、標高を上げると傾斜は緩くなります。御坂峠では日本武尊がここを越え甲州に入った。又、ブナ林の土塁は徳川家康と北条氏政の覇権争い跡と歴史が残る所でした。

峠は、一面に芝の様な苔に覆われ緑が鮮やかです。東京は36度とか、ここは夏でも河口湖から冷たい風が吹きあがってきます。



ここから西に尾根伝いに黒岳へ、山頂近くは、勾配がきつくなります。黒岳そのものからは、展望が望めませんが、少し下がった所(展望台)には、素晴らしい眺望が待っていました。




終日富士山は、follow usで、どこかに姿がありました。


黒岳から進むと、すずらん峠の手前に、新道峠第一展望台と、隣にFUJIYAMAツインテラスがあります。




ここから富士山方面は、木々が一切ないため、まるで空を飛んでいるかのような、雄大な景色を楽しむことができます。


下りは細い道ですが、下りやすかったです。バス停まではゴロゴロ石の林道と舗装道の長い道のりです。




黒岳は御坂山塊の主峰、富士五湖周辺の山でトップレベルの高さ【1793m】を誇ります。『日本一の富士山ビューポイント』と評されています。河口湖を眼下に、左右対称の富士山を眺められるのは、ここだけです。 『Aグループ富士山を眺める山に登ろう』にぴったりでした。

お得情報 大井町─大月1690×23380─→休日おでかけパス2720円が当日券発売機で買えます。(りんかい線利用可 資料提供/渋谷さん)



inserted by FC2 system