じゃぶじゃぶハイキング 大菩薩 日川・曲り沢

日 時:202392日(土) 山域:大菩薩 沢名:日川・曲り沢
2万五千図:笹子 メンバー:桑村(L、記録)、美知子、木口(めぐろ)

コースタイム:JR甲斐大和駅(627m)08:10=下の平バス停08:15>コンタカンス沢出合09:20>入渓09:30>二俣(1300m圏)12:50>尾根(1440m圏)13:15>大谷ケ丸(1644m )14:20>米背負峠(こめしょいとうげ)(1538m)14:40>米背負峠入口(1243m)15:15>大倉隧道16:15>林道ゲート(975m)>やまと天目山温泉(981m)16:35



暑〜い日には、涼し〜い川歩きがサイコー! 滝登りのないナメが続く「じゃぶじゃぶハイキング」がオススメ。小滝は1m未満だし、多段はナメ!滝のほとんどは、足だけで登れる。たま〜に、ちょっと手がいるくらい。ロープは不要。そんな、じゃぶじゃぶ系を楽しんできた。

朝一番の大菩薩行きには甲斐大和駅から増便2台の計3台もバスが出て、とっても大勢の人だけど、ここ「曲り沢」はいつものように貸し切り。この日も稜線に出てから、登山道で単独中年男性1人と、米背負沢で若い男性2人連れの釣り師(イワナ20匹の釣果だって)に会っただけだった。





昨今の大雨や大雪の自然災害が続いて、美しかった渓相が倒木で荒れ果てているのは奥多摩と同様で悲しい。大菩薩の沢は歩くたびに水がキラキラする。砂金ではなくて雲母。砂の堆積が多くて足に優しく歩きやすい。

 下山は、4つほど候補を考えたが、温泉に行きたくて、やまと天目山温泉コースとした。こちらも静かで、広葉樹に囲まれた沢筋の登山道は紅葉の時期はさぞ綺麗だろう。


inserted by FC2 system