三浦三山(三浦富士-砲台山-武山)とミカン狩りハイキング
(三浦大仏・五重塔と品川に一番近いミカン園)

IMG_7576
五重塔



山行日2023.10.29() にわか雨→晴れ
参加者L関山(記録),SL三戸,高田,上原,渋谷,吉田,今岡,,川田

行 程
京急長沢駅8:30・・・8:50久里浜霊園(三浦大仏・五重塔)9:05・・・登山道合流9:35・・・9:50三浦富士10:15・・・10:44砲台山10:48・・・11:11武山11:25・・・武山登山口11:55・・・津久井浜観光農園12:07・・・12:16みかん園13:01・・・多肉植物栽培農園・・・津久井浜駅13:57・・・14:05不二家 

歩行距離8.5km 5時間35分 累積↑377m 累積↓392m











天気予報

IMG_7621
三浦大仏見晴台、後方に五重塔がみえます

非常に強い寒気がここしばらく居座っていて、なかなか東の太平洋に抜けられず山行当日も雷注意報が発令されています。三浦三山のある横須賀市の天気は、寒気が通過する(気圧の谷が抜ける)8時頃に少雨(雨量0mm)が、又、午前中は6から8m/秒のやや強い北寄りの風が吹く予報です。でも、午後からは天候は快復し晴れになり、風速も弱まってきます。当日の朝、自宅を出るときに品川は少雨になっているかも知れませんが、天候は回復基調にあるので、予定通りにハイキングは決行することにしました。

記 録

今日の山行は、
@   いつものグリーンハウス横からの正規ルートを通らず、久里浜霊園内の大仏・五重塔を参拝して、地形図には記載のない歩行ルートを見つけながら山頂を目指す。
A   品川に一番近いミカン園でミカン狩りを楽しむ。
B   酒豪も甘党も楽しめる不二家レストランで反省会を行う、ことにしました。長沢駅を出発する頃に小雨が降りだし、ザックカバーを装着したり傘を差して出発です。久里浜霊園(公園墓地)に着いた時には陽ざしが出てきました。

IMG_7627
大仏の見晴台




入口から急坂を
10分程登ると、三浦大仏様が鎮座しており、その前が見晴台となっていて、眼下に久里浜方面の海が広がっています。


更に坂を登って行くと広場があり五重塔がそびえ立っていて、荘厳な感じがします。東屋もあるので一休みも出来ます。

IMG_7616
柿がたわわに実っています

IMG_7629
手のモニュメント



印契を結んだ手のモニュメントや達磨さんの
像などもあっ墓地とは言え楽しめる所だと思います。



登山道はこのモニュメントの後方にありますが、人がほとんど通っていないので入口がどこにあるのか分かりにくく、山道は木が生い茂り暗く蜘蛛の巣もありました。でも特に危険なケ所はありません。

IMG_7632
三浦富士山頂

地図2のDで正規ルートに合流し、頂上直下の急登を頑張って登れば富士山です。

服装調整、水分補給、お菓子を食べてカロリー補給をしてゆっくり休憩を取りました。

IMG_7635
武山からの下山路



そして、歩行を続け砲台山を経由して武山に到着です。

風は強いですが展望台には鳥類観察をしている人が望遠鏡を覗いていました。

観光農園への下山路は歩きやすいですが、途中、滑りやすい急斜面があり、ゆっくり注意して下りました。

IMG_7638
ミカン狩りの当番になった園でワイワイ言いながら腹いっぱい食べました。


武山登山口まで下山すると舗装道路に変わり、観光農園で受付をして、今日のミカン狩り当番園に向かいました。小さいのがおいしいよ、大きいのも甘いよなどと言いながらお腹一杯食べて、お土産で重くなったリュックを担いで不二家に向かいました。途中、多肉植物(サボテン類)栽培農園に立ち寄っていくつかゲットしました。海沿いのペコちゃんポコちゃんのお店でスイーツを食べて歓談しました。

海沿いのポコちゃん、ペコちゃんの店でスイーツを楽しみました。

感 想

南さん/ 小雨スタートでしたがリーダーの読み通り秋晴れの心地好いハイキングになりました。本日のお楽しみイベントは、みかん狩りと不二家レストランです。それを聞いた皆様の反響は「昔行ったことが有る有る…」と沸き立ちました。

みかん狩りに夢中になる者…、甘い甘いと無邪気に頬張る者…等、終始笑いが絶えません。無邪気な一面が垣間見えた山行でした。ありがとうございました。

上原さん/感想句

久々の 再会潤す 秋しぐれ   

指差して 色付く柿に みな集う

山頂に お供えひとつ 蜜柑かな  

旬誇る 栗スイーツの 並ぶ店

ほろ酔いて 見上ぐ帰路の 丸い月

IMG_7859
スズメバチの天敵・オニヤンマ君をつけた帽子

高田さん/ ・チョコまみれ みかんまみれの 三浦山





三戸さん/ 地球温暖化のせいか今年はスズメバチの被害が多発している。私はとても勝てないのでスズメバチの天敵オニヤンマ君を帽子に付けてみた。ハチを求めての山行だったがオニヤンマ君の効果でとうとう一匹も現れなかった。次回に期待したい。

IMG_7596
ブロッコリーとキャベツ畑
[あとがき]
今月、地図アプリをヤマップからヤマレコに変えた。いろいろな機能があり、使い勝手がいいからだ。山行計画も作りやすく、初めてリーダーに挑戦する人や未踏峰の山行を計画する場合などには、コースタイムを設計しやすくシュミレーションも容易にできる。ヤマレコで登山を計画し、登山を楽しみヤマレコで振り返る。楽しくなるから又計画し山に行く。山行記録だって簡単にできちゃう。会報誌の形態だって変えることもできそうだ。下山報告先担当者を置かなくても、下山をしたかどうかを皆で管理することだって夢ではない。ヤマレコを通して新人の育成を行うことや、山を安全に楽しむ新しい文化が定着するようになると思う。











































































inserted by FC2 system