大菩薩嶺
 (カラ松とカエデの紅葉を求めて)

【日 時】2023115日(日)
【参加者】福井(L)蔦(SL)石川 今堀 今岡 大野 松尾 松下 渡辺綺




【コースタイム】

甲斐大和駅8:15(タクシー)→小屋平バス停09:0010:19石丸峠10:2710:40熊沢山→11:06大菩薩峠11:1411:25親不知ノ頭(昼食)11:5812:01賽ノ河原→12:34雷岩→12:46大菩薩嶺12:5313:06雷岩→14:08福ちゃん荘14:1414:30上日川峠→15:00(タクシー)→15:35甲斐大和駅





久しぶりに大菩薩嶺の紅葉を見たくて5日に計画をしたが、3連休の最終日のこの日だけ天気があまり良くない。34日に行った記録を読むと、激込みでバスも増便したとかあるが5日は天気のせいか、甲斐大和駅は閑散としていた。ちょっと拍子抜けの感あり。

 それでもまだ青空も見えてるし気を取り直し、ジャンボタクシーで小屋平に向かう。

鮮やかなカラマツの林を登りました。


小屋平から暫くは急登が続くが、今日は「甲州アルプスオートルートチャレンジ」というレースがあるらしく、ランナーが次々と追い抜いていく。

林道にでて石丸峠に向かうが、天気の方は、青空が消え雲息が怪しくなってきた。石丸峠についた時は視界は全くなくなってしまった
大菩薩峠で

石丸峠から介山荘のある大菩薩峠に向かうが、久しぶりに来てみると、道しるべのピンクリボンがやたらと近距離にあるのでちょとびっくり。以前はどこでも歩ける感じだったので、リボンをつけたのかも知れない。

大菩薩峠も視界が不良で、やはり富士山も全く見えずだった。

大菩薩嶺に近づくにつれ晴れて大菩薩湖(上日川ダム)も見えました。



























ここで昼食と思っていたが、、予定時間より早く着いたので、この先の親知らずの頭で取ることにした。
歩き出すとお日様が顔を出し、当たりの山の紅葉も見えてきた。このままお日様に頑張って欲しい気もちで一杯です。
最高峰の大菩薩嶺2056.9mで記念撮影

昼食を終え、大菩薩嶺へと進みます。空模様はお日様が見え隠れする天気ですが、標高2000mの尾根歩きは気持ちが良いです。

今回、大菩薩嶺初めての人もいて、日本100名山一つ達成できて良かったです。


福ちゃん山荘手前のの楓の紅葉は素晴らしかった。


























下山は最短距離の唐松尾根を下ります。最初は急な下りもありますが、全体的に緩やかでおしゃべりしながら歩けるコースです。段々と標高を下げると唐松やカエデの紅葉の色が鮮やかになってきました。福ちゃん荘手前のカエデの紅葉も素敵でした。


帰りもジャンボタクシーで甲斐大和駅まで行きましたが、車中から見る紅葉も色鮮やかで綺麗でした。
天気は今一つでしたが、気持ちの良い尾根歩きと紅葉を楽しむことが出来ました。(福井 記)


inserted by FC2 system