西上州 黒滝山九十九谷



日 程20231118()

メンバー:渡邉み(L)、桑村(SL)、吉岡、渡辺綺、蔦、福井、堤、飯嶋、矢沢()

行 程:下仁田駅9:30集合、タクシー→上底瀬黒滝山登山口10:0510:40五老峰入口(黒滝峠)10:55不動寺11:1511:25黒滝峠…馬ノ背(ナイフリッジ)11:50九十九谷分岐…12:05観音岩12:1012:20九十九谷分岐…12:45下底瀬分岐【昼食、展望岩稜往復】13:2013:25鷹ノ巣山(767m)13:3014:05九十九谷登山口→タクシー→15:00下仁田駅


私にとって1年振り2度目の西上州の山となる黒滝山九十九谷。地図を見ると馬ノ背ナイフリッジとか、巻き道のある九十九谷などドキドキ?わくっでした。

1.  子ブタちゃん




登山口から歩き始めると、何とも可愛い子ブタちゃん達がお出迎え、茶毛の立派な親ブタもいました。五老峰入口までは途中ショートカットして急坂を行きました。

2. 不動寺の山門



不動寺を観に行くはずが道を見落とし荒船山方面に歩いてしまい、でもみちこさんが気づき戻りました。不動寺は今は無人のお寺になってしまいましたが綺麗に整備されていて、「鐘楼」「山門」「不動堂」「本堂」さらには「竜神の滝」「岩屋」橋やモミジなど味わい深い立派なお寺でした。

3. 不動寺紅葉

4. 馬ノ背の鉄梯子


登山道に戻りいよいよ馬ノ背、その名の通り両側が切れ落ちた道、鉄梯子を登った先にはまた垂直に昇るような梯子と続き、登ったり降りたりの連続でした。

5. 観音岩で観音様と



巨岩を巻いていくと五老峰最高峰「観音岩」にでました。360度の展望で、近くには去年登った四ツ又山や鹿岳、遠くには妙義山が堂々と更にはたぶん高崎の街まで見えました。なかなか美しい観音像がてっぺんに立ち一緒に写真を撮りました。

6. 九十九谷岩の上で



九十九谷は巨大な岩と岩が連なり、覗き込むと吸い込まれそうな谷が幾重にも続いていました。この山行のハイライト!九十九谷の岩稜を巻いてきてしまったので、昼食時に岩稜往復トライしました。フリクション良く、ざれて急な巻き道より歩きやすかったとの桑村さん達の感想でした。
7. 九十九谷を上から眺める

8. 鷹ノ巣山にて




最後の鷹ノ巣山は小さな手書きの山頂標識で、私たち9人が入ると一杯のようなこじんまりとした山頂でした。鷹ノ巣山からは、一気に九十九谷登山口まで降り、タクシーにて下仁田駅へ、恒例のお店に寄って山芋やコンニャクなどを購入しました。(下仁田ネギは残念ながら売切れ?だったようです)

たった4時間の山々でしたが、変化に富んだ、岩山ならではの見晴らしの良さとスリル満載、更に秋ならではの乾いた落葉の滑ること、これが一番歩きにくかったかもです。また天気予報通りに風が強くなりすべての落ち葉を一気に吹き飛ばす凄さ怖さと面白さを体感しました。

今日は山手線外回り運休でしたが、赤羽駅で途中下車し美味しいお酒をたしなみました。今回も桑村さん、みちこさんの地図読み力、綺子さん、堤さんの技量、そして完全復活の飯嶋さんに乾杯!でした。

(参考)途中下車に関するJRによる説明
ジパングで購入した切符は、新幹線経路で購入すると4日間有効で途中下車OKだが、新幹線経路でないと2日間有効なので途中下車はできないとのことでした。この違いがなぜか良く分かりませんでしたが。

inserted by FC2 system