兜山・棚山 + ほったらかし温泉


日 程:2023122() 快晴 
記 録:賀川
参加者:桑村(L),佐藤(SL),亀井(大田山の会),,上野,,高田,渡辺(),松尾,福井,賀川
コースタイム:
総距離9.0q 歩行時間6時間28(休憩時間を含む)
行 程:兜山駐車場9:21→岩場分岐10:05→兜山10:45→神峰南尾根鞍部11:26→神峰13:12→棚山13:44→棚山前こぶ14:12→重ね石14:28→ほったらかし温泉15:44

出発前、上野さんのストレッチ指導




830に塩山駅南口に集合し、タクシ−2台で兜山駐車場(登山口)まで行きました。皆で“上野体操”をしてから桑村さん号令の下、佐藤さん先頭でいざ出発。
岩場に差し掛かるとクライマーの姿が見られました。
登山道は岩場の間を縫って上がります
岩場の上部から甲府盆地の先に素晴らしい富士が見えました。
兜山の頂上は樹林帯の中に三角点だけで眺望はありません。





兜山岩場コースに入って川の左側を行き、そこから左に分かれて、ヒノキ林の中を登ると、道は兜山の東の山腹を巻くようになります。コース沿いでクライミングしている人達を横目で観ながら兜山に到着。

紅葉の美しい兜山山頂で記念撮影






兜山の山頂は眺望ありませんでした。
標高982m地点の尾根の日当たりの良い小ピークで昼食




神峰南尾根鞍部を過ぎ、落ち葉で滑る急登を経て、陽当りの良いところで短いランチタイム。そこから神峰に向かって歩を進めました。
中間点の神峰は樹林帯の静かな標識だけの小ピークでした。





棚山への急登、木に掴まりながら登りました。




神峰からは右折して棚山に向かって少し尾根を下ると、いよいよ最後の登りです。
棚山は岩稜の上に頂上があり、塩山方面が良く見えました。




この登りは急だったが、あっけなく棚山山頂着。山頂は南西と東の方向が開け、南アルプスと大菩薩嶺が綺麗に観えました。
棚山頂上で記念撮影
棚山からは岩だらけ下山が続きました。




棚山の下りはフルーツ公園&ほったらかし温泉方面に向い、分岐から重ね石コースに入り、次々とおもろい形をした大石が現れる。
重ね石を過ぎて漸く落葉の優しい道になりました




やがて正面に大石が二つ重なった“重ね石”が見えてきた。

道はここで大きく左に折れて山腹を巻きながら谷へ下る。私だけ1人落ち葉漕ぎをしながら右に左にと下ると沢沿いの林道跡に飛び出しました。

ほったらかし温泉では富士を見ながらに温泉で体を温めました。



それからは皆でくっちゃべりながらほったらかし温泉に向かい、駐車場で解散、でも11名全員がこっちの湯でゆっくり富士山を愛でることができました。めでたしめでたし。


桑村さん、佐藤さん、そして同行者の方々大変お世話になりました。

ほったらかし温泉を出ると冬の日は短く辺りは真っ暗になっていました。


inserted by FC2 system