家老岳(1414m)雪山山行

日 程:2024316日(土)〜17日(日)  
参加者:桑村(L・食当)・飯嶋(SL)・堤・吉岡・長谷川(記録)

行 程:
3月16日(土)浅草9:30発特急リバティ会津乗車12:20会津高原尾瀬駅下車 ジャンボタクシーで萩野集落で下車 舗装道路にテント設営 夕食準備後に登り口の下見 夕食 20時就寝 

3月17日(日)晴れ 4:00 起床 5:00朝食 6:00出発 6:20萩野風穴入口  7:10岩場の急登が続く 8:25,1131mピーク 9:40ワカン装着 10:10 1310m(広場状) 10:50山頂 11:00昼食25分 12:11ワカン取外し 12:50南稜の急な下り・アイゼン装着 14:28大倉岐川北側に出る 15:00テント着 休憩後撤収 18:35特急に乗車(事故で遅延) 21:20浅草着

【今回の費用(ひとり分)¥9,790内訳(交通費¥8,000 燃料¥290 食料¥1,500

萩野集落の北にある萩野風穴の脇から登り始めました。


前日に登山口を下見して、順調なスタート。雪はほとんどなく何もつけずに萩野風穴入口の看板左脇から登る。急登で息が上がり20分後に衣服調整。

資料画像(広報部):2021.2.21隣の貝鳴山から見る萩野集落から1131地点への急登です。

朝日に輝く雪のついた雄大な七ヶ岳が見えました。


藪を漕いで進むと少し開けたところで、朝日に輝く雪のついた雄大な七ヶ岳の姿が見えて、すがすがしい気分になった。雪山の美しさにうっとりする。

浮石の多い岩場の急登になりました。



その後、スリリングな大きな岩場の急登になり、慎重に登る。浮石や枯れ枝も多く、帰路の下りに使うルートとしては、危険そうで心配になる。

1131地点、登りきると赤テープがあり現在地を確認


登りきると赤テープがあり現在地を確認。

 雪が出てきてもツボ足で十分歩ける程度の積雪。地元の方も、今年は暖冬で本当に雪が少ないと話していた。

カモシカの足跡を見つけて嬉しくなる。




 ルートを横切るカモシカの足跡を見つけて嬉しくなる。雪山では、こういう自然界の微笑ましい発見が味わえて楽しい。登り始めてから約3時間半後にやっとワカンを装着。

岩場の急登を下りに使うか南稜を下れるかリーダーを中心に地形図と現場の斜面の状況を確認しながら慎重に検討。

1310地点は広場のようになっていた。2年前の時間切れ断念した尾根の合流点。



1310mは広場のようになっていた。前回(2022年2月)、1158mで時間切れで断念した尾根は、ここに合流する

たどり着いた家向山は強風だった。


山頂に向かう明瞭なルートのトップを歩くよう、リーダーの一声があり必死に雪を踏みしめていく。所々、膝丈くらいまで雪の深みにはまって体力を使うが、右手に見える壮大な雪山の景色に「もう少し、もう少し」と励まされた。

山頂には、松倉山へと続く尾根が伸びている。
ワカンをつけて初めて登った雪山が松倉山だったので、感慨深かった。辿り着いた山頂は強風だったので、記念写真を素早く撮り、少し風が弱くなった残雪の山々が見られる所で昼食を取った。

帰路、初見の1131地点から南稜の下りに入る。

40分下りた所で雪がなくなり、落ち葉で歩きにくくなりワカンをはずした。「もう少し早めに、雪の残っている所でワカンを外せば、泥がつかなかったかもね」と皆で振り返る。

そして、リーダーも初見の南稜の下りに入る。アイゼンを装着して、目標とする尾根を地図で確認して、飯嶋さんがトップになり慎重に下りる。

飯嶋さんがトップになり、慎重に下る。


 ザックや身体が枯れ木の枝に引っ掛かりながら、足元の落ち葉で滑らないように気を付けて下る。斜度がきつくて、ふくらはぎや大腿四頭筋に力を入れて踏ん張る。雪がなく、時々ある小さい岩にアイゼンの爪が引っかかると危ないため、外した。

やや東に下ったため、大倉岐川沿いの急斜面を林道までトラバース。

予定の尾根筋より東(左)によりすぎて沢に出てしまったので、100mほどトラバースをすることになった。林道に出る直前のトラバースは、足を置くところが谷に向かって斜めになり、滑り落ちないようバランス保持に苦戦した。

全行程を通して、雪山は体力・気力・バランス力が非常に必要だとしみじみ感じた。


 計画通りにピークに辿り着けて、どきどき緊張する場面もあり、皆とても達成感のある山行でした。





今回のごちそう山ごはん

リルソーセージ       トマトスープ
(カットトマト・トマトジュース・ニンニク・豚バラ肉・鶏肉・玉ねぎ・芽キャベツ・カボチャ・エノキ・マッシュルーム・クレソン)+ ガーリックトースト
翌朝、粉チーズと早ゆでパスタを追加   フリーズドライのお汁粉
ゴール後に冷えた身体にしみわたったフリーズドライのお汁粉



inserted by FC2 system